トップ / コンピューターの部分と機能

コンピューターの部分と機能

コンピューターメモリ

コンピューターとメモリの活躍

コンピューターを使用しているとソフトウェア等様々なプログラムを利用することになります。このプログラムがどのように動いているかというと、メモリにいろいろ数値が書き込まれてそれを利用するというような動き方をしています。つまりメモリの量が少なければ要求する処理の大きいプログラムは動作しないもしくは動作が遅くなってしまうということです。コンピューターの中で頭脳の役割を担うのはCPUですが、かといってそれだけではうまく機能しません。自分のマシンがどのようなスペックを持つのか改めて客観的に見てみるのもいいかもしれません。

コンピュータ,パーソナル

コンピューターのメモリについて

メモリとは、コンピューターの部品であり、データを一時的に保管しておく場所のことをいいます。写真や動画などは、ハードディスクに保存されているのですが、ハードディスクでパソコンのデータ処理を行うと時間がかかってしまうので、起動スピードが遅くなります。コンピューターのデータ処理を素早く行うために、メモリに一時的にデータを保管して処理する方法がとられています。処理能力をはやくするためには、一時的に保管できる情報量が多ければ多いほど処理がはやくなります。一時的に保管できる情報量が少ないと、ハードディスクに保管しなければならないので、ガリガリとハードディスクに読み込んでいる音が聞こえるようになります。

業務用コンピューター情報

↑PAGE TOP