トップ

コンピューターの耐用年数

コンピューターの期限

個人向コンピューターの耐用年数

パーソナルコンピューターの耐用年数は4年です。HDDの当たりはずれや、性能と使用環境により3年未満で買い換える必要が出る場合があります。最新のインターネットサービスを快適に使うために、メーカーや販売店の補償期間がきれてからの故障を買い替えのきっかけにすることもあります。修理代よりも買い替えにかかるお金の方が、結果として少ない金額で済むためです。また、サーバー用コンピューターの耐用年数は5年です。有線LAN、無線LANといったネットワーク上でのファイル共有やプリンタ接続に使用できる高性能のものは長くなります。

コンピュータ,パーソナル

業務用パソコンの耐用年数

業務用コンピューターの耐用年数は4年ですが、使用頻度や取扱い方によっても異なります。この期間を過ぎたら使えなくなるという物でもありませんが、業務用には大切なデータがたくさん含まれていますので、万が一破損した場合に慌てないよう、こまめにバックアップを取っておくと安心です。コンピューターは最新のものほど使える機能が多くて便利ですが、オフィス用となるとパソコンの再設定も必要になりますし、予算の問題もありますので、頻繁に買い替える事は出来ません。ただ年数の経過とともに修理用の部品が取り寄せられなくなる場合はありますので、その点を考えたうえで壊れた場合には修理に出すか新しく購入するかを考える必要があります。

業務用コンピューター情報

新着情報

↑PAGE TOP